不眠症サプリ「マイスリー」とは

不眠症サプリメント「マイスリー」とは

マイスリーは、不眠症の方が初めて処方される睡眠薬として良く知られていますが、一体どんなお薬なのでしょうか?1992年に誕生し、アメリカや他の国では異なる商品名で販売されていましたが、日本では2000年にアステラス製薬より「マイスリー」という名前で発売され、安全性が高い新しい薬として脚光を浴びました。医師の処方箋が必要な睡眠薬で、5mgと10mgの2種類の錠剤があります。主な効果としては、入眠困難や熟睡障害の解消があげられています。薬が効果を発揮する時間(作用時間)は3~4時間程度で、あくまでも寝付きが悪い症状に対して効果を発揮しやすい薬で、夜中や早朝に目が覚める等の症状に対しては効き目が良くないのは当然と考えることができます。

服用方法

軽度の不眠症であれば、5mgの錠剤で十分に眠くなると言われているので、5mgの錠剤から初めて、効きが悪ければ10mgの錠剤に変更するのが一般的です。ただ、しばらく服用しても眠れないという方は、根本的な不眠治療の方法を見直す必要があります。なぜなら強いストレス等の入眠障害の原因がある場合、いくら睡眠薬を飲んでも症状が改善されないからです。むしろ、そうした原因を取り除くことの方が良い睡眠を得る上で大切です。また依存症や副作用を避けるために、一日10mgの上限は絶対超えないようにしましょう。必ず医師の指示に従った服用をしましょう。